ツアラテックジャパンのBLOG
made_for_adventure
2018年06月14日
川上牧丘林道(長野県)

・村道川上牧丘線
・ダート9.3km
・全線通行可能
・路面:ややガレ
・走行日:2018年6月13日


・ツアラテックジャパン、アドバイザー川合です。リニューアルしたツーリングレポート第一弾はみんな大好き川上牧丘林道です。正しくは大弛峠を境に南が山梨県県営林道川上牧丘線、北側が長野県川上村村道川上牧丘線になります。
 琴川ダムから車道としては最高度となる舗装林道の県営林道川上牧丘線を大弛峠まで駆け上がり、そこから川上村へ向かってこんどは下り抜けるダイナミックな道です。
 峠近くの2、3kmほどはいつものようにガレ気味ですが大きく崩落したりしているわけではないのでそれほど難しくはないです。ですが尖った岩がゴロゴロしているので初心者の方はソロではいかない方がいいでしょう。川上村の方へ近づくとちょうど伐採作業のまっさかりのため重機がいったりきたりの都合で路面は馴らされてフラットな路面になっていきます。特に連続するつづら折れ区間がフラットなのはありがたいです。ただし土質上、雨あがりは馴らされ過ぎてツルツルになりそうなのでノーマルタイヤの方は要注意。
 ちなみに南側、琴川ダムから大弛峠までの区間は全線舗装されているのでロードモデルの方でも安心して走行ができます。ただし週末はハイカーの方の車が多いので対向車には要注意。
 標高2300mから一気に駆け降りる(あるいは駆け上がる)国内屈指のダイナミック林道、ようやく冬季通行止めも解除になりましたので奥秩父山塊の大自然を前進で体感してください!

◆ご注意ください
・本記事は林道の走行の可否や安全を保証するものではありません
・現地の状況は本記事と異なることがあります
・ゲート等で交通規制が行われていた場合には必ず指示に従ってください
・実際の走行は自己の判断と責任において行ってください。
・実際に走行して事故トラブル等があってもツアラテックジャパンは一切責任を負いません


オレンジ・ツーリングレポート | 17時54分 | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事にコメントする
お名前


メールアドレス(必須ではありません)


URL


コメント(全角1,000文字まで)

ページのTOPへ  ブログのTOPへ